1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

ワンコントロール / プルシアンブルーリバーブ One Control リバーブ PRUSSIAN BLUE REVERB ワンコントロール / プルシアンブルーリバーブ One Control リバーブ PRUSSIAN BLUE REVERB One Control ワンコントロール PRUSSIAN REVERB プルシアンブルーリバーブ リバーブ BLUE One Control ワンコントロール PRUSSIAN REVERB プルシアンブルーリバーブ リバーブ BLUE ワンコントロール,プルシアンブルーリバーブ,One,Control,リバーブ,PRUSSIAN,BLUE,REVERB ワンコントロール,プルシアンブルーリバーブ,One,Control,リバーブ,PRUSSIAN,BLUE,REVERB

ワンコントロール / プルシアンブルーリバーブ One Control リバーブ PRUSSIAN BLUE REVERB






リバーブエフェクトは、空間の中で音を出した時に生ずる穏やかな反響をシミュレートします。

エレキギターやエレキベースであっても、その他の電子楽器、アコースティック楽器など、全ての音は耳に届くまでに空間の反響を含みます。

広々とした、理想的な反響を考えて作られた空間の特等席で聴く音こそ、楽器が作る最高のパフォーマンスと言えます。

PRUSSIAN BLUE REVERBは、その理想的な反響を作るためのリバーブエフェクトです。この反響を作るため、歴史上様々なリバーブシステムが作られてきました。リバーブのためだけの部屋を設けたり、プレート、スプリング、そしてデジタルリバーブ……リバーブエフェクトの歴史的な進化は、理想的な反響を追い求めたものでした。

現在、デジタルエフェクトの技術は発展し、歴史的なリバーブエフェクトは簡単にシミュレートすることができます。かつての名盤で奏でられた音を求めるなら、これらのシミュレートはとても有用です。また、リバーブエフェクトに新たなアイディアを加えた個性的な新しいエフェクトも、とても素晴らしい効果を作ります。

PRUSSIAN BLUE REVERBは、それらの歴史的なシミュレートやリバーブから派生したエフェクトとは違います。

BJFは、実際にギターやベースをプレイする際、プレイヤーが本当に求めるリバーブを目指して開発を行いました。

濃厚で強力なスプリングリバーブや、オクターブアップをかけた幻想的な“エフェクターとして”のリバーブトーンではなく、常にONにして使うことで楽器の持つポテンシャルを最大限に発揮するための“理想的なリバーブトーン”を求めたのです。

PRUSSIAN BLUE REVERBは、24bitの高音質デジタルチップにBJFのカスタムプログラムを収録したリバーブペダルです。もちろんドライシグナルはデジタルに変換されることのないアナログドライスルー構造です。

ギタリストやベーシストにとっての理想のリバーブトーンとは、“スプリング”でも“ホール”でもなく、“ルーム”でもない、それぞれの特性を合わせた、中間的で主張しすぎることのない、それでいて存在感のあるリバーブです。

あえて比較するとすれば、スプリングよりもホールよりなトーン、しかしホールリバーブのようなやり過ぎるブライトさはありません。

リバーブシグナルのディケイタイムをランダムに変調することにより、モノラルエフェクトでありながら音が空間的に拡散するような効果を作ります。そして、このランダムな変調はギターやベースの弦振動特性に近くなるようにプログラムを行っています。

これは“反響を個別に録音して重ねた”ような従来のリバーブアルゴリズムとは違う、PRUSSIAN BLUE REVERBならではの特徴であり、自然で立体的でありながら地味ではない、プレイヤーが真に求める理想のリバーブトーンに最も近い音なのです。

さらに、PRUSSIAN BLUE REVERBは一般的なスプリングリバーブと比較し、5倍程度の広さのダイナミクスレンジを有しています。あまりにトレブリーになりすぎたり、特にベースで音が飽和しすぎることの無いよう、フィルタリングをかけていますが、リバーブエフェクトとして広いダイナミクスレンジは開放的な空間特性を作ります。

そして同時に、反響がリズムに干渉しないよう、Decayコントロールを設けました。BJFの設計したDecayコントロールは一般的なリバーブの“残響の長さ”を調整するだけのコントロールではなく、ギターのトーンに合わせてシームレスに減衰するようなセッティングを簡単に行うためのコントロールです。ディケイタイムは2msから2sまで設定でき、音にふわっとした残響が乗るだけのセッティングから、いつまでも残響が続くようなトーンまで、実際に音を作ることができます。

正確なDecayコントロールと圧倒的にナチュラルなリバーブトーンは、現代の技術の粋を結集して作られたスタジオクラスのリバーブユニットに近いと言えます。しかもそのリバーブユニットはギター/ベースのためだけに設計されているのです。

PRUSSIAN BLUE REVERBのアーリーリフレクションは短く設定されています。ギターやベースのアタックからリバーブが立ち上がるまでの時間が短く、またそのリバーブトーンが圧倒的にナチュラルなため、不自然に残響が突然目立つようなこともなく、弾いた直後から立体的に音が広がる、PRUSSIAN BLUE REVERBならではの感覚を作ることができます。

また、PRUSSIAN BLUE REVERBにはKill Dryスイッチでドライシグナルをミュートすることが出来ます。

多くのラックタイプのエフェクトなどに搭載される機能ですが、一部のギターアンプやミキサーなどのパラレルエフェクトループに接続して使用する際に効果的です。

また、メインのシグナルチェインにKill DryにしたPRUSSIAN BLUE REVERBを接続すれば、短いアーリーリフレクションの設定によりスローヴォリュームエフェクトのような使い方も可能です。

■特徴
・BJFによる完全新設計のリバーブペダル
・圧倒的にナチュラルで立体的に音が拡散するサウンド
・リズムに干渉せず、自然なセッティングができるDecayコントロール
・キルドライ機能搭載
・アルミ削り出しのハイクオリティなミニサイズケース
・電池内蔵も可能


リバーブエフェクトの開発にあたり、私はギタリストが求めるリバーブのセッティングを追い込んだ。実際に私がギターを弾く際にもそうだが、スプリングとホールの間、ホールよりなリバーブトーンを求めることが多いようだ。そしてリズムの邪魔にならないよう設定できる正確なDecayコントロールを加えた。

自信はあったが、実際にPRUSSIAN BLUE REVERB(PBR)の音を聞いて驚いた。まさにこの小さなペダルの中に、どこまでも広がる空間が入っているといえる。

ギターとベース用に作ったペダルなので、エレキギターやエレキベースだけでなく、アコースティックギターやベースにも最適だ。

特に歪みエフェクトの後、トレモロエフェクトの前にPBRを接続した音は最高だね。

───Bjorn Juhl


One Controlにとって初の空間系ペダルはこのサイズに電池使用可能なリバーブを作り出しました。
様々な歪みペダルをリリースしている頃、このペダルの制作はひっそりとスタートしました。

電池を搭載することのできるリバーブペダルを。

可能なのか?

小さな疑念は私たちの諦めることの無い頭脳の前では乗り越えるためにある超えるべき壁です。

そしてここに完成しました。

さあ、これがギタリストが求めるリバーブです。

スペック
■種類:リバーブ
■アダプター:9Vセンターマイナス
■電池駆動:9V電池
■コントロール:LEVEL、TONE、DECAY

■インプットインピーダンス : 500K
■アウトプットインピーダンス : 2K
■駆動電圧 : 8-12V
■消費電流 : 60mA
■S/N比 : -96dBm
■サイズ:39Wx100Dx31H mm(突起含まず)
     47Wx100Dx48H mm(突起含む)
■重量:およそ160グラム(電池挿入時200グラム)
■トゥルーバイパススイッチング

※電池は付属しません。
※最初に電源を入れてから内部デジタルチップが安定して駆動するまで数秒程度かかります。その間は音色が安定しない場合がございますので、アダプター接続後数秒はバイパス状態で待機してください。

※在庫状況がリアルタイムに反映できない場合がございます。
すでに品切れている場合がございますので予めご了承下さい。

インデックスリスト
Faculty of Political Science and Economics (政治経済学術院) [15684件
OAI-ORE
 [3867件
OAI-ORE
Faculty of Letters, Arts and Sciences (文学学術院) [8022件
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences (教育・総合科学学術院) [2691件
OAI-ORE
Faculty of Commerce (商学学術院) [4296件
OAI-ORE
Faculty of Science and Engineering (理工学術院) [5297件
OAI-ORE
Faculty of Social Sciences (社会科学総合学術院) [2130件
OAI-ORE
Faculty of Human Sciences (人間科学学術院) [2851件
OAI-ORE
Faculty of Sport Sciences (スポーツ科学学術院) [621件
OAI-ORE
Faculty of International Research and Education (国際学術院) [2564件
OAI-ORE
Center for Higher Education Studies(大学総合研究センター) [1件
Center for Japanese Language (日本語教育研究センター) [1430件
OAI-ORE
Media Network Center (メディアネットワークセンター)1996-2013 [26件
OAI-ORE
 [246件
OAI-ORE
Institute for Advanced Study (高等研究所) [227件
OAI-ORE
Institute for Business and Finance(ビジネス・ファイナンス研究センター) [16件
OAI-ORE
The Hirayama Ikuo Volunteer Center (平山郁夫記念ボランティアセンター) [11件
OAI-ORE
The Tsubouchi Memorial Theatre Museum (坪内博士記念演劇博物館) [158件
OAI-ORE
 [62件
OAI-ORE
Waseda University Archives (大学史資料センター) [167件
OAI-ORE
Research Council (研究院) [633件
OAI-ORE
 [87件
OAI-ORE
Waseda University Honjo Senior High School (早稲田大学本庄高等学院) [57件
OAI-ORE
21COE (2002-2007) -- Productive ICT Academia Program (プロダクティブICTアカデミアプログラム) [114件
OAI-ORE
21COE (2002-2007) -- Contemporary Asian Studies (現代アジア学の創生) [47件
OAI-ORE
21COE -- Corporation Law and Society (企業社会の変容と法システムの創造) [187件
OAI-ORE
 [204件
OAI-ORE
21COE -- Constructing Open Political Economic Systems (GLOPE) (開かれた政治経済制度の構築) [53件
OAI-ORE
Global COE (2007-2012) -- Global Institute for Asian Regional Integration (アジア地域統合のための世界的人材育成拠点) [25件
OAI-ORE
早稲田大学日本語学会 [203件
OAI-ORE
The Chinese Classical Literary Society (中国詩文研究会) [356件
OAI-ORE
Japan Society for International Development (国際開発学会) [12件
OAI-ORE
Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC) [1497件
OAI-ORE
The Waseda Graduate Student's Association for Sociological Research (大学院社会学院生研究会) [51件
OAI-ORE
Library (図書館) [6841件
OAI-ORE

 

早稲田大学リポジトリについて

早稲田大学図書館ホームページへ


このリポジトリへの登録方法

早稲田大学の教職員の方が対象になります。

リポジトリへの登録方法に関する

ご質問は下記ページにあるメールアドレス宛にお問い合わせください。

https://www.waseda.jp/library/contact/


何が検索できるのか?

早稲田大学内で生産されたデジタル学術情報を保存し,学内外に発信しています。
収載しているデジタル学術情報の内容は次のとおりです。

  • 学術雑誌掲載論文
  • 学位論文
  • ワーキングペーパー
  • 会議録
  • 紀要論文 など
早稲田大学リポジトリのメタデータは
OAIster, IRDBからも検索できます。

早稲田大学リポジトリはOAI-PMHに準拠しています。

早稲田大学リポジトリに関する内規(PDF 約111KB)
早稲田大学リポジトリに関する内規(HTML)
早稲田大学リポジトリ登録申請書 (PDF 約68.3KB)

--------------------------

Waseda University Home Page

Waseda University Library Home Page

How to add documents to
Waseda University Repository?

Waseda University Faculty and Staff are authorized.

What can you find here?

Waseda University Research:

  • Journal articles
  • Theses
  • Working papers
  • Conference papers
  • Bulletin articles
  • Etc.
Documents in Waseda University Repository are indexed
in OAIster, IRDB,
where you can find several million documents
from other academic institutions.

Waseda University Repository is OAI-PMH compliant.

Waseda University Repository Internal Regulations (PDF 27KB).

Waseda University Repository Registration Application Form (PDF 79KB).