1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

プリューレ,ロックで10年に渡って醸造責任者,希少ワイン限定,白,辛口,フィリップ,パカレ,コンドリュー,2019,Philippe,Pacalet,CONDRIEU プリューレ・ロックで10年に渡って醸造責任者。希少ワイン限定【白/辛口】 フィリップ・パカレ コンドリュー (2019)Philippe Pacalet CONDRIEU【白/辛口】 希少ワイン限定 ロックで10年に渡って醸造責任者 プリューレ コンドリュー パカレ Philippe CONDRIEU 白 フィリップ Pacalet 2019 辛口 希少ワイン限定 ロックで10年に渡って醸造責任者 プリューレ コンドリュー パカレ Philippe CONDRIEU 白 フィリップ Pacalet 2019 辛口 プリューレ,ロックで10年に渡って醸造責任者,希少ワイン限定,白,辛口,フィリップ,パカレ,コンドリュー,2019,Philippe,Pacalet,CONDRIEU プリューレ・ロックで10年に渡って醸造責任者。希少ワイン限定【白/辛口】 フィリップ・パカレ コンドリュー (2019)Philippe Pacalet CONDRIEU【白/辛口】

プリューレ・ロックで10年に渡って醸造責任者。希少ワイン限定【白/辛口】 フィリップ・パカレ コンドリュー (2019)Philippe Pacalet CONDRIEU【白/辛口】




フィリップ・パカレはボージョレ出身で、代々続く栽培・醸造家の家系で育ち、自然派ワインの父故マルセル・ラピエールを叔父に持つ家系です。ブルゴーニュ・ディジョン大学で醸造学を学んだ後、2年間自然農法団体で働き、1991年からはヴォーヌ・ロマネの一流生産者プリューレ・ロックの元で10年に渡って醸造責任者を務めました。
ロマネ・コンティ社の醸造長に誘われる程の作り手ですが、自分の信念を持ったワインを造りたいとその座を蹴って2001年に自身のネゴシアンを立ち上げ、初ヴィンテージをリリース、現在に至ります。
「フィリップ」が最も大切にするのが畑に生息する野生 酵母。土壌の力をワインで表現する為には野生酵母 でないと無理だと考えている。 よって化学薬品の使用は一切行わない。使用する のは硫黄とオリゴを多く含む植物性調剤、マグネシウ ムを含むシリスのみ。 醸造所では、まず人間がトロンコニック型発酵桶に入 り、足で優しく葡萄をつぶしていく。発酵は「セミ・マセラシオン・カルボニック」による全房発酵。発酵中の 温度管理は行わない。発酵温度を調整すると一部の酵母しか働かない。そ の酵母が作る味になる。それは複雑味やその畑の個 性を感じさせない単純な味ということ。
アルコール発酵後は 228L樽でマロラクティック発酵 及び熟成。熟成中はできる限り酸素との接触を避け、 澱と接触した還元的な状態においておく。醸造中は SO2 を一切添加しない。瓶詰め前に必要 最低量のみ添加。早く消費する「ボジョレー・ヌーヴォ ー」は完全 SO2 無添加で造ることもある。

2018年が初リリースの"コンドリュー"。南東向きの花崗岩土壌のテラス式畑、樹齢約50年のヴィオニエを友人のセラーで醸造、ボーヌで熟成させた希少限定品。
内容量750ml
ブドウ品種ヴィオニエ
保存方法冷暗所にて保存
原産国名フランス  ローヌ
輸入者テラヴェール

画像ピックアップ!